こんにちは、YUKO(@surfgirl38yuko)です。

海が好きでサーフィンやダイビングをやってます!

 

普段ダイビングをするときは深い海に行くこともあって、綺麗な海に行くことが多いです。

 

でも、最近インドネシアのバリ島やヌサペニダでサーフィン、シュノーケリングをしたときに海に浮かんでるプラスチックゴミがとても気になりました!

 

そして、綺麗な海を守るためにできることをまとめました!

 

 

一人一人の力は微力でも、たくさんの人が行動すれば大きな力になると思ってます!

 

 

この記事を書くときに、今私がやっていること以外にもすぐに始められそうなことがあったんですよね!

だから、ここでは綺麗な海を守るために私がすでにやっていることと、まだやってないけどこれからやっていきたいことをまとめています。

海が好きな人が、少しでも何かはじめるきっかけになればいいなと思います!

 

私が綺麗な海を守るためにやっていること

  1. 水筒を持ち歩く
  2. スタバで店内に滞在するときはマグカップで注文する
  3. マイ箸を持ち歩く
  4. マイバッグを持ち歩く
  5. クーラーをあまり使わない
  6. テレビを見ない
  7. 自転車に乗る
  8. サンゴを傷つけない日焼け止めを使う

水筒を持ち歩く

水筒

海に落ちているゴミによくあるのがペットボトル!

ペットボトルは気軽に買える分つい買ってしまうものだけど、海のことを考えるとあまり使いたくない。

 

でも、水筒を持ち歩くのはとても簡単ですぐに始められることだと思っています。

例えば、500mlのペットボトルを1日2本買っていたとして、水筒に替えるだけで1ヶ月で60本、1年間で730本のペットボトルを買わずに済むと思ったらすごくないですか?

 

created by Rinker
ピーコック魔法瓶工業(The-peacock)
¥1,800 (2019/12/16 21:00:50時点 Amazon調べ-詳細)

例えば私が今使っている水筒は1,500円ほど。

ホステルにはウォーターサーバーが備え付けられているところもあるし、紅茶のパックを置いてくれているところもあるのでほぼ無料で毎日のドリンクができあがります。

 

ペットボトルが1本100円だったとしても年間で73,000円使わなくなると思うと、海のためだけじゃなくて自分のためにもなりますよね!

 

 

台湾の空港やマレーシアのクアラルンプール国際空港などはウォーターサーバーがあるので、ティーパックさえあれば入国審査後にドリンクを作ることができるので嬉しい!

日本などウォーターサーバーがないとどうしてもペットボトルを買わないといけなくなっちゃうんですよね。

 

スタバで店内に滞在するときはマグカップで注文する

スタバのマグカップ

私は仕事をするのに頻繁にカフェに行きますが、スタバに行くときは必ずマグカップで注文しています!

なにも言わないと店内で飲む場合でも紙コップとプラスチックのふたがついて出てきちゃうんですよね。

 

オーダーするときに「マグカップでお願いします。」というだけ!

英語なら「Can I have ○○ in a mug, please?」で注文してます。

 

 

持ち帰りでも店内で飲む場合も、持参したタンブラーに入れてもらえば割引になりますよ!

(スタバ以外のタンブラー持参もOK!)

 

マイ箸を持ち歩く

マイ箸

私はマイ箸、スプーンを持ち歩いています。(フォークは保安検査で引っかかりました。)

海外の場合は、店内で食べると普通にフォークとスプーンが出てくるので、そんなに頻繁に出番はないですが。。

 

 

でもこれで、プラスチックで個包装された割りばしやプラスチックのスプーンなどを使わなくてよくなります。

 

本当はマイストローも持とうかなと考えているんですが、まだ持っていないのでジュース類を飲むときはできるだけストローを使わないようにしてます。

 

バリ島やチェンマイなどは竹ストローやステンレスストローを使っているお店ばかりで嬉しいです!

 

マイバッグを持ち歩く

海外(台湾など)ではコンビニでもビニールの袋は有料になっています。

有料であるほかに、プラスチックの利用を減らしたいので、私はマイバッグを使っています。

 

タイの洗濯

ただ、インドネシアやタイなど洗濯はランドリーショップを利用しているんですが、洗濯が終わるとビニール袋に入れて戻ってくるのがとても気になってます。。

 

YUKO
マイバッグで洗濯を持ち込むと、マイバッグも洗ってくれてこのビニール袋の中に入ってきちゃうんです。

 

クーラーをあまり使わない

クーラー

私はクーラーが苦手ですぐ寒くなるのもあるんですけど、個室に泊まるときはあまりクーラーは使わないか、温度を高めに設定しています。

 

ドミトリーに泊まるときはかなり温度低めに設定されてることがあって、ちょっと嫌です。

 

クーラーの温度設定を1℃上げる(暖房なら1℃下げる)だけでも二酸化炭素排出を抑えることができるみたい!

 

テレビを見ない

テレビ

私は一人暮らしをはじめてから約10年、テレビのない生活をしています。

テレビを見る時間を少なくすることも二酸化炭素の排出を抑えられるみたい!

実家に帰った時についてたら見るぐらいの私は、かなりテレビによって出る二酸化炭素の排出には貢献してると思う!

 

 

テレビが好きな人でも、見ないときはコンセントから抜いておくとか、見る時間を少し減らすだけでも綺麗な海を守れることになります!

 

 

私は海を守る理由以外に、自分の時間を作るためにテレビを見るのをやめることをおすすめしてます!

 

自転車に乗る

私は福岡で電車通勤するようになったときに車を売って、大阪で一人暮らしするようになってから車には全く乗らなくなりました。

車の排気ガスは環境に大きな影響を与えてしまいます。

 

今はタクシーやGrabなどで車に乗ることもあるけど、自転車が使える国では自転車レンタルを頻繁に利用してました!

 

 

T-Bike

特に台湾では、自転車シェアリングサービスがかなり充実しています!

 

公共交通機関を利用したり自転車に乗ることで、二酸化炭素の排出を抑えることになります!

 

サンゴを傷つけない日焼け止めを使う

カリムンジャワのウミガメ

私は海に頻繁に入るし、暑い国にいることが多いから、日焼け止めは環境に優しいものを使っています

 

日焼け止め

自分のつけている日焼け止めが、海に入った時に流れてサンゴが白化してしまう原因になるなんてよくないですよね!

ネットでも購入できるし、海外でも手に入りやすいのが特徴。

Biodegradable(バイオディグレーダブル)という表記があれば、微生物などによって無害な成分に分解される日焼け止めなのでわかりやすいですよね!

 

 

この日焼け止めは、Biodegradableです。

 

海外(特にメキシコのセノーテなど)では、Biodegradableの日焼け止め以外は使用禁止の場所もあるみたい。(私が行ったセノーテではチェックされたことないけど)

だから日本で買えるものでも、Biodegradableの英語表記があるとわかってもらえそうなのでいいかも!

 

 

ちなみに、環境にいい日焼け止めは料金が少し高いのと、使用感が通常の日焼け止めよりよくないみたい。

白浮きしたり、40分ほどしか効果がもたなかったり。

YUKO
それでも綺麗な海を守るためなら使いたい。

 

 

サーフィンの時に使う日焼け止めはこれがよさそう!

サンゴにも環境にも優しいし、動物テストもしていないらしい!

 

まだできてないけどこれからやりたいこと

  1. 環境に優しい製品を使う
  2. 海に行ったらゴミを一つひろう
  3. ゴミ拾いイベントに参加する
  4. エシカルファッションを取り入れる

環境に優しい製品を使う

石垣島の海

シャンプーやボディーソープは、ホステルについてればそれを、なければ普通にコンビニとかで買ってしまいます。

でもシャンプーやボディーソープの成分がよくなければ使い続けることによって海の水が汚れたり海の生物に影響がでちゃいますよね。

 

しかも、普通のシャンプーを買えば使い終わったものはプラスチックゴミ。

 

 

調べているとエコサート認証を受けたナーブルスという石鹸を見つけました!

エコサートはフランスに本部がある有機認証機関で、オーガニックの証です!

固形の石鹸タイプなので、紙包装でプラスチックゴミがでない!

 

しかも、完全オーガニックなのに1個1,800円ほどとリーズナブル!

かなり興味がわきました!

次の帰国に合わせて購入します!

 

 

created by Rinker
ドクターブロナー (Dr.Bronner's)
¥3,240 (2019/12/16 21:00:53時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、こちらのドクターブロナー マジックソープバーは、髪の毛や顔も洗えるみたい!

ナーブルスの石鹸もオーガニックなので、髪の毛や顔を洗っても問題ないと思います!

 

液体じゃないから飛行機での移動も量を気にしなくていいのが便利!

 

 

さらに、化粧水などのコスメアイテムも私はこれまで海外のコンビニや薬局などで買ってました。

今後はオーガニックのものを使おうと思っていますが、気になっているのがエコサート認証を受けていて日本でも人気があるフランスのメルヴィータ。

 

アルガンオイルが人気でレビューの評価もよかったので、気になってます。

 

海に行ったらゴミを一つひろう

ビーチのごみ

これは、実際に海好きな人のインスタか何かで見たんですが、海に行ったら帰りに見つけたゴミを一つ拾って帰るそうです!

たった一つ?と思う人もいるかもしれないけど、やらないより絶対いいですよね!

 

これはすぐにできそうだと思いました!

 

ゴミ拾いイベントに参加する

ゴミ拾い

英語で海外のゴミ拾いを調べてみると、いろいろなエリアでビーチクリーンイベントをやっています!

これまで参加したことはなかったんですが、これもいいきっかけになるかも!と感じました!

 

ビーチクリーンイベントは、基本的に予約不要、ゴミ拾いに必要な道具(トングやごみ袋)などは用意してくれて、イベントの時間に海に行くだけで参加できます!

 

こうやって直接海のゴミを拾えるイベントは参加してみたいので、滞在している場所で参加できそうなイベントがあったら参加してみます!

 

エシカルファッションを取り入れる

エシカルファッションとは、環境や生産者のことを考えたファッション。

オーガニックコットンを使っていたり、海に捨てられたペットボトルや釣り網などを再利用して作った洋服などが販売されています。

 

さらに、フェアトレードといって、製品を適正な価格で取引することで東南アジアなどの低賃金労働から生産者を守り自立した生活を送れるシステムを取り入れているファッションのことをいいます。

 

私は、今の洋服を大切に着ていきながら、次に購入する洋服はエシカルファッションにしようと思っています。

 

 

今はナプキンを使わない生理用ショーツのThinxを使っています!

YUKO
ナプキンを買わないこともゴミが減るので環境にはいいと思います!

 

綺麗な海を守るためにできることはたくさんあった!

メキシコの海

綺麗な海を守るために私がやっていること、これからできそうなことをご紹介しました!

今までもできることからやろうとは思っていたけど、意外とまだできそうなことはたくさんありそう!

 

これからも、綺麗な海で遊ぶためにできることをやっていこうと思います。

 

ぜひ、海が好きな人は少しずつでもできることをやってみてください!

 

綺麗な海を守るためにできることは、こちらの記事でもご紹介しています。

おすすめの記事
おすすめの記事