ライフスタイルランキング

※当サイトにはプロモーション(広告)が含まれています。

こんにちは、ゆうこ(@yuko_tblife)です。

突然ですが、2024年6月からリゾートバイトをやってみることにしました!

突然といってもずっと前からやってみたいとは思っていたんです。

過去にはこんなブログを書いてます。

 

このころからやってみたかったので、4年近く気になっていました。

でも、やっぱり私は本業のWebライターの仕事もあるし、海外を転々とする生活に慣れていたから、日本に長期間いることにも精神的な不安がありました。

それでも、リゾートバイトをやってみたい理由や人の目を気にしていたらもったいない理由などをお話しようと思います!

やりたいことがあるけど人の目を気にしてしまう方に読んでいただけたら嬉しいです。

リゾートバイトをやってみたい理由

まずは、私がリゾートバイトをやってみたい理由についてお話します!

やってみたい理由1:単純に未知の経験として楽しみ

私はリゾートバイト経験がありません。

今39歳になりましたが、いつかはやってみたいと思ったこと。

ゆうこ
それなら今からやってみよう!

そんな単純な理由ですが、未知の経験としてとても楽しみです!

調べれば調べるほど、50代や60代でもやっている人がいると知り、アラフォーでもできるやん!と心踊らせています。

やってみたい理由2:日本のさまざまな場所で働きながら日本一周したい

私がリゾートバイトをしようと思ったのは、日本一周したいと思ったから。

これまで海外にしか興味がなくて、2018年からノマドとしていろんな国に行っていましたが、急に日本一周したい気持ちになりました。

海外(主に東南アジア)にいると、人の目を気にしなくていいからすごく生きやすい。
日本にいるときは、自分一人で勝手に人の目を気にしていたんだと思う。

(中略)

そんなこんなで、ここ1年ほど自分と向き合ってみて、周りの目を気にしてしまっていたのは自分を好きでいれてなかったからなんじゃないかと考えてみた。
自分が好きだったら、多少なにか言われようと、気にならないような気もしている。
だから、もしかして、今の私なら日本にも長くいれるのかもしれない!

そんなことを思ったら、日本一周したくなってきた。
だって日本でまだまだ行ったことのない場所がたくさんあるから。

こうやって突拍子もないことを思いついていろいろやりだそうとするのは私の性格だけど、とりあえず冬は寒いからどこかに脱出するかもしれないけど、でももう少ししたら日本にしばらくいるかもしれない✈️✨
まだわからん。
日本一周するなら車がいるな🚗

ゆうこ(YUKO)のInstagram

インスタにも書いたのだけど、日本一周したいと思った理由は、自分のことを好きになった今の私なら、日本を楽しめると思ったから。

私日本に帰る度に体の不調が出ていたりしたんです。

これって多分、日本に帰ると周りの目をまだまだ気にして自分らしくいれなかったから。

 

リゾートバイトをすれば、寮に入れてまかないが出て、生活費を抑えながら、普通なら行かないであろう場所にも行って、働くことでその土地をより深く知ることができて、そんな日本一周ができたらめちゃめちゃおもしろいやん!と思うようになりました。

 

ただ、今は車がないので、最初のリゾートバイトで車購入の資金を貯めるところからやってみようと思います!

日本一周は完全にリゾートバイトの資金だけでやりくりしたい!

ゆうこ
リゾートバイトの収入とか貯金額とか、そんなことを公開できたらおもしろそう!

やってみたい理由3:たまに社会の中に入りたくなる

私は普段一人でパソコンに向かって仕事をしています。

日本にいようが海外にいようが、人とは関わらずに仕事をすることが多いです。

だからか、定期的に社会の中に入りたくなるんですよね。

しかも、交流会に参加するとかそんな感じだけでなく、たまに閉鎖された空間(というと語弊があるかもだけど)に入りたくなったりします。

そこから必ず気づきや学びがあるんですよね。

「一人で仕事をしてたら気づけなかったことだったなぁ」とか、「仕事のいいアイデアが浮かんだ」とか、そんなことが起きたりするから。

スポンサーリンク

アラフォー女子がリゾートバイトをやるときに考えがちなこと

アラフォー女子がリゾートバイトをするなんて、もしかしたらなかなかできないことなのかもしれません。

でも、別にSNSで発信していないだけで、多分たくさんいる。

やりたくないのにやる必要はないですが、やりたいのに我慢しているんだったらもったいない。

やりたいのについ考えてしまうことについてまとめてみました。

考えがちなこと1:周りの目が気になる

日本人は特に、「一般論」や「常識」から外れたことをすることを怖れる傾向があると思いませんか?

もちろん私も含めてです。

私がアラフォーでこれからリゾートバイトをすると言えば、「そんなことして何の意味があるの?」「まじめに正社員として定職についたほうがいい」「フリーランスに失敗したのかな?」とかだと思います。

そうやって、勝手に周りの目を気にして勝手に想像して、言われてもないのに挑戦自体やめてしまう。

それってやっぱりもったいないよな。

そう思って、私ははじめることにしました。

そして、「リゾートバイトをやってみます!」ということを、音声配信やインスタのストーリー、Youtube、Xなどでお伝えしたけど、批判してきた人はいません。

そもそも私そんなに有名人じゃないので、アンチみたいな人がいないことも関係していると思いますが。

不安や心配って、結局自分の思い込みであることがほとんどなんですよね。

考えがちなこと2:今更遅いかなと感じる

アラフォーでリゾートバイトをはじめようとするとなると、不安に感じるのが「今更遅いかな?」と感じてしまうこと。

例えば、リゾートバイトといえば、20代くらいの男女が休み期間を利用して働くとか、30代の方が留学をしたくて貯金のために働くとか、そんなイメージがありませんか?

40代になるととたんに不安を感じる。

でも、心配しなくていいと私は思っています。

私は39歳ですが、3つ目の求人応募で仕事が決まったし、調べてみたら50代や60代で未経験からリゾートバイトをやっている方もいました。

管理職の仕事についていた方が、大きな責任なく働ける、とイキイキと人生を生きている方がいたり、60代で子育てが終わった夫婦が二人で沖縄でリゾートバイトをはじめ、休みの度に離島巡りをしている方もいたりするようです。

ゆうこ
素敵な人生だと思いませんか?

人の目を気にしてたらもったいない理由

ここからは、人の目を気にしてたらもったいない理由についてお話します。

もし今やりたいのに我慢していたり、いつかやってみたいと思っているなら、読み進めてみてください。

もったいない理由1:自分の人生に責任をとれるのは自分だけ

自分の人生に責任をとれるのは自分だけなんです。

例え、誰かに「やらないほうがいい」と言われてやめたとしても、その後の人生に責任を持ってくれる人は誰もいません。

40代で転職したいけど反対されたから転職をやめる、留学したいと思っていたけど周りの友達に否定されてやめる、そうやってやめたとして、その後の人生でやめたことに後悔しないですか?

後悔したからといって、反対してきた人たちは責任をとってくれますか?

ゆうこ
アラフォーでリゾートバイト、それだけで反対されることはないと思うけれど。

もったいない理由2:自分が気にしているほど人は他人のことなんて気にしていない

もしかしたら、こんなこと言われるかな?とか、否定されたり反対されたりしたらどうしよう、と悩んでいるかもしれません。

でも、自分が気にしているほど人は他人のことなんて気にしていません。

例え本当に反対されたとして、それを押し切ってやったところで、それで友達関係がなくなってしまうような人なら離れても人生に影響はありません。

人の目を気にして何かをやめるって、すごくすごくもったいないと思います。

もったいない理由3:やりたくないことをやっても批判される

地球上にこれだけたくさんの人がいて、全員に好かれるって不可能なんですよね。

この考えは「嫌われる勇気」を読んでより腑に落ちました。

created by Rinker
¥1,188 (2024/05/30 02:49:31時点 Amazon調べ-詳細)

この地球上の全員がまったく同じ意見になることはありえない。

そう思ったら、少し楽になりました。

だって、「私のことを嫌いな人も必ずいる」ということを理解できたから。

それでも私のことを好きでいてくれる人もいる。

それなら私は私のことを好きでいてくれる人だけを大切にしようと思ったんです。

 

そしたらやりたいことをやって「批判されないかな?」と考える事自体意味のないことだと感じませんか?

 

やりたくないことをやっても批判されるんです。

ゆうこ
それならやりたいことをやって批判されるほうがよっぽどいいですよね!

まとめ:自分を好きになれば違う意見が気にならなくなるからやりたいことをやろう!

アラフォー女子の私がリゾートバイトに挑戦しようと思った理由や、人の目を気にしてたらもったいない理由をお話しました。

アラフォーでリゾートバイトをはじめる人は、割合で言ったら少ないのかもしれません。

40代で普通に仕事をしていたら、リゾートバイトよりもしっかりお給料をもらって、役職についている方もいるのかもしれません。

でも、やりたいと思ったことを諦める理由にはならないですよね。

私は本業のWebライターをやりながらの挑戦になるので、不安な部分はありますが、それはやってみてからじゃないとわからないこと。

せっかくの挑戦をいろいろ楽しんでみたいと思います!

スポンサーリンク

Xでフォローしよう

おすすめの記事