こんにちは、YUKOです。

 

環境のためにプラスチックの使用を減らそうと考えたときに、シリコンの使用を考えた人も多いのではないでしょうか?

YUKO
私はラップのかわりにシリコン蓋を使っています。

 

でも、シリコンはよくないという人の意見も聞いたことがありませんか?

 

私は、プラスチックよりいいと思って使っていたのだけど、結局のところどの情報が正しいのかわからなくなったので、調べてみました!

 

 

 

この記事では、シリコンを使うメリット・デメリットや、シリコン入りのシャンプーが悪いと言われる理由をまとめています。

記事を読めば、今後環境のためにシリコンを使うか使わないかの判断ができるかと思います!

 

 

ここに書いている情報は、私が日本語と英語の記事から調べた情報をまとめて書いています。

調べているともっと深く知りたくなるような情報もあったから、この記事が全てではないといううえで読んでいただけたら嬉しいです。

 

シリコンとシリコーンの違い

シリコンとシリコーンって実は違うんです。

 

シリコンとは、元素であるケイ素のことで、自然界に存在しています。

このシリコンをもとに作られた人工的な化合物がシリコーン。

 

そのため、シリコンスチーマーやシリコンストローなど、製品として存在しているものは厳密に言うとシリコーンになります。

 

この記事で書いているシリコンは、全て「人工的に作り出されたシリコーン」のことを意味しています。

 

シリコンのメリット

  1. 毒性が低く食品に触れても安全
  2. アレルギー反応が少なく、赤ちゃん用品にも使われている
  3. 約-100℃~250℃に対応(製品によって違う)
  4. 接触したものがはがれやすい
  5. 耐久性があるから長く使える
  6. シリコン使用による二酸化炭素削減効果が大きい

毒性が低く食品に触れても安全

シリコン

シリコンって、実は食品添加物としても使われています。

 

コーヒーや油などに泡を少なくするために消泡剤として使われていて、知らない間に口にしていると思います。

 

微量で効果があるので、かなり少量しか使われていないようです。

 

 

また、毒性がないので医療現場でも使われていたり、食品に直接触れるようなシリコンスチーマーやシリコン蓋、ストローなどもあります。

 

アレルギー反応が少なく、赤ちゃん用品にも使われている

誤飲が考えられる子供や赤ちゃん用品にシリコンが使われているのは、アレルギー反応や害が少ないからだと言われています。

 

シリコンは毒性が低いので、誤って食べてしまってもシリコンの成分が原因で死に至るようなことはないようです。

(もちろん誤飲したシリコンのサイズによって、シリコンが詰まるなど危険な場合もあります。)

 

 

よくあるのが子供の誤飲だそうで、小さなかけらなら子供も元気だしそのまま待ってれば便で出てくるといって、病院に連れて行っていない親が結構いるみたいなのはちょっとびっくりしました。。

 

約-100℃~250℃に対応(製品によって違う)

シリコンは、熱にも冷たさにも耐えられるので、電子レンジやオーブン、冷凍庫でも使えることが多いです。

 

そのため、シリコン製の調理器具も多く、火の近くで溶ける心配がありません。

冷凍庫に使えるので、ジップロックの代用品としてシリコンを選ぶ人も増えています!

 

接触したものがはがれやすい

シリコンには、接触したものがはがれやすいという性質があるので、洗いやすいのも魅力です。

キッチン用品に多いのも納得ですね。

YUKO
私はシリコン蓋を使っていますが、すごく洗いやすいです!

 

耐久性があるから長く使える

シリコンは耐久性があります。

プラスチックのかわりにシリコンを使おうと考えている人は、環境に優しい生活をしたいと考えているはずなので、一つのものが長く使えるのはとても嬉しいと感じますよね。

 

長く使えればその分ゴミが減るので、とても環境に優しいと言えます!

 

シリコン使用による二酸化炭素削減効果が大きい

地球温暖化の原因と考えられているのが温室効果ガスですが、温室効果ガスの大部分を占めているのが二酸化炭素です。

 

シリコンの製造をするときには、二酸化炭素が排出されます。

これを聞くと環境によくないのでは?と感じますよね。

 

 

でも、シリコンを使用することによって、二酸化炭素の排出を削減することができるのです。

数値で見るとわかりやすくて、シリコンの製造に1トンの二酸化炭素が排出されたとしても、そのシリコンを使用することで9トンの二酸化炭素の削減ができるそうです!

 

 

例えば、太陽光発電のパネルにはシリコンが使われています。

このシリコンを作るのには二酸化炭素が排出されているけど、太陽光発電で発電されるときに排出される二酸化炭素の量は、石油燃料を燃やすことで電力を生み出す火力発電に比べると、二酸化炭素の排出はかなり少ないと言われています。

 

 

これがシリコンを使うことによる二酸化炭素の削減です。

YUKO
製造するときの9倍の二酸化炭素の削減効果があるんです!

 

温室効果ガスをたくさん排出すると言われている自動車産業にもシリコンは使われていて、この分野でも二酸化炭素の削減に貢献しているそう。

 

シリコンのデメリット

  1. 生分解されずリサイクルできるところが少ない
  2. EUではパーソナルケア製品でD4・D5が規制されている

生分解されずリサイクルできるところが少ない

シリコンが環境によくないと言われる一番の理由は、生分解性されないことにあると私は感じました。

 

 

環境に優しい製品というのは、生分解されるものが多く、土に埋めることでバクテリアによって自然に還ることができます。

 

 

でも、シリコンは生分解されず、リサイクルも特別なリサイクル会社でしかできないのが現状なので、今はシリコンのほとんどが通常のゴミとして捨てられているようです。

 

 

また、リサイクルできたとしてもダウンサイクル(元より価値や質が下がって、最終的にはゴミになる継続性のないリサイクル)なんだそうです。

 

 

もし生分解されないシリコンがプラスチックのように海に捨てられてしまったら、かなり長いこと海に漂うことになりますよね。

 

EUではパーソナルケア製品でD4・D5が規制されている

シャンプー

EUのECHA(Europian Chemicals agancy/欧州化学物質庁)に、REACHという化学物質によるリスクから人間の健康と環境の保護を改善するための規制があります。

 

そのREACHのもとに、EUでは、パーソナルケア製品でD4・D5が規制されています。

全く使わないか、0.1%未満という決まりです。

 

 

シリコンにはいろいろな形状のものがあるのだけど、環状シリコーン化合物と呼ばれるリング状になったシリコンが3つあります。

それが通称D4・D5・D6と呼ばれる物質。

 

シリコンは安全と言われているけど、分解されず体内に残りやすいので、長期的に見れば人間や生物に何かしらの影響があるのではないか?と言われているのです。

 

 

人間に影響があるのかないのかは、私が調べたところではわかりませんでした。。

 

シリコン入りシャンプーがよくないと言われる理由

シリコンの環境への影響を考えたことのない人でも、シリコン入りシャンプーはよくないというのは聞いたことがありませんか?

 

まず、シャンプーにシリコンが使われるメリットとしては以下の理由があります。

  • キューティクルをコーティングしてまとまりある髪になる
  • ドライヤーの熱から髪を守る

 

 

そしてシリコンシャンプーがよくないと言われる理由はこちら。

  • シリコンが毛穴に詰まる
  • カラーやパーマのかかりを悪くする

でも、この2つの理由は花王の実験で両方とも事実ではないことが実証されているそうです。

 

 

そして、シリコン入りシャンプーが悪いと言われはじめた理由が、なんと「美容師が美容室で販売しているノンシリコンシャンプーをお客さんに買ってもらうため」だったそうです!

 

 

 

そしてこの論争、髪の毛(や人)に対していいか悪いかを言っているだけで、環境にいいか悪いかを言っているわけではないんですね。

 

 

環境のことになれば、シリコンがどうとかいう理由ではなく、石油系の界面活性剤が使われているものが多いので、シャンプー自体が環境に悪いんです。。

 

また、ノンシリコンのシャンプーには、髪をコーティングするためにシリコンと似た性質の人工化合物を使っている場合もあるので、「ノンシリコンシャンプー=環境にいいシャンプー」ではないんです。

 

 

もし、環境に優しいシャンプーを使いたいのなら、生分解できるものを選びましょう!

created by Rinker
ラッシュジャパン
¥1,900 (2020/12/01 20:25:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

プラスチックの代替品としてならシリコンは優秀!

シリコンにはデメリットもありましたが、シリコンを使うことでラップやジップロック、タッパー容器などを使わない(もしくはプラスチックの使用を減らす)生活をすることができるようになります。

 

シリコンは、プラスチックと比べるならかなり環境に優しい製品だと言えます。

 

 

シリコンを使い捨てのように捨てる人はいないだろうし、プラスチックの代わりに使いたいと思っている人なら環境についてとても興味がある人だと思います。

YUKO
そういった人たちがシリコンを長く使うことを前提に使うのなら、私はかなりいいプラスチックの代替品になると感じました!

 

おすすめシリコンアイテム

シリコン蓋は私も使っていますが、ラップを使うことがかなり減ったので重宝しています!

 

シリコン蓋

お皿だけじゃなくて、切ったアボカドなどもそのままラップがわりに使うことができます!

 

 

スタッシャーのシリコンバッグは、ジップロックの代わりに使える製品です。

 

私はまだ使っていないのですが、8年近く繰り返し使用できるということで、近々購入しようと思っています!

 

食品とともに使う製品の中で一緒に紹介してしまって申し訳ないのですが、私が使っている月経カップもシリコン製です。

 

月経カップを使うことで、使い捨てナプキンやタンポンを使わなくなったので、環境にも優しくおすすめです。

 

シリコンの他に環境によくてプラスチックの代替品になるもの

  1. ガラス
  2. ステンレス
  3. ミツロウラップ

ガラス

ガラスびんの生産にはエネルギー消費が多く、環境負荷は大きいみたい。

 

でも、ガラスはリサイクル率が高く、省エネ技術の導入や軽量びん化・リユースびんの推進で環境に配慮した製品も増えています。

耐熱ガラスのボウルなどもあるので、プラスチックの代わりとして使いやすい素材です。

 

ステンレス

ステンレスは、さびにくく耐久性がいいため、リサイクル率が高い素材です。

 

 

でも、プラスチックのタッパー容器の代わりにステンレスを使うなら考えるべき点がいくつかあります。

 

一つは、密封容器の場合蓋はプラスチックであることが多いこと。

そしてもう一つが、電子レンジが使えないことです。

 

竹

竹は、ストローで使われることが多いです。

プラスチックストローを使わないためにストローを購入したい場合は、竹・シリコン・ステンレス・紙が代替品として考えられます。

 

 

紙は結局ゴミが増えるので、私は使いたくないかな。

また、竹は自然環境にはいいかもしれないけどカビの可能性もあるそうなので難しいところですね。。

 

ミツロウラップ

ミツロウラップは、オーガニックコットンにミツロウやホホバオイル、天然樹脂などが使われた100%生分解できるラップです。

 

環境に優しい生活をしたい人は、ミツロウラップを使っている人が多い印象です!

YUKO
私もミツロウラップの利用を考えましたが、実はミツロウラップは熱に弱く、電子レンジが使えないので私はシリコン蓋を選びました。

 

プラスチックの代替品じゃないならもっと環境にいい素材を使う

シリコンは、プラスチックの代替品としてはとても優秀なものだと思います。

でも、もしプラスチックの代替品ではないならもっと環境にいいものを使うことができるかもしれません。

 

 

例えば、鍋敷きがほしいならあえて新品のシリコン鍋敷きを買う必要はないかな、と思うのです。

プラスチックの代替品ではないし、竹や木、余り布などのリサイクル製品を選ぶという選択肢もあるからです。

 

 

鍋敷きはちょっと利用している人の頻度の少ないアイテムだからいい例ではないかもだけど。。

 

プラスチックの代替品ではないのなら、できるだけ100%生分解するものやリサイクルされたものを使うほうが自然にはいいのかなと思うのです。

YUKO
例えはよくないけど、私の言いたいことが伝わっていたら嬉しいな。。

 

シリコンは上手に使うことで環境に優しい素材だと言える

シリコンスプーン

シリコンのメリット・デメリットなど、シリコンについての情報をたっぷりとまとめました。

 

私自身、シリコンがよくないという話を聞いて、実際にはどうなのかと思っていたのですが、調べていくうちに私なりの答えが出ました!

 

 

シリコン自体は生分解しないので、生分解できる素材を選べるならその方がいいかもしれないけど、プラスチックの代替品としてシリコンを選ぶなら、私はかなり環境に優しい生活ができると感じます!

 

 

もちろん環境に100%優しい生活をしたいけど、そうすることでかなり不便になったり続けられないようなものだったら選びにくいというのが本音です。。

YUKO
シリコンは、プラスチックの代替品として便利で手軽に使えるものだと思っています。

 

もし、シリコンを使うかどうか迷っている人の訳に立てたら嬉しいです!

 

 

環境のためにできることもまとめています!

おすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事