こんにちは、YUKOです。

環境問題に興味を持つようになったら、自分の健康も気にするようになり。

そしたら無添加に興味がでて、料理をするときにいろんな食材を使ったり、作ったことのない料理をレシピを見ながら作るようになって、さらに料理に興味がでてきました。

 

そして、料理の幅を広げるためにずっとほしかったのがハンドブレンダー!フードプロセッサー!ミル!だったのです。

だけど一人暮らしのお家なのでキッチンはそんなに広いわけではなく、たくさんの調理家電を一気に揃えるのは難しいんですよね。

 

そこで、場所を取らずにたくさんの機能がついたものを探していたところ、気になったのが今回紹介するブラウンのハンドブレンダー「MQ778」でした!

 

購入するまでに、さまざまなメーカーのものを調べまくり、価格と機能を比較しながら時間をかけて決めたので、実際に買ってからはかなり活躍しています!

 

今回は、私が購入してとても気に入っているブラウンのハンドブレンダー「MQ778」についている機能や作ってみた料理、これから挑戦したい料理などを紹介したいと思います。

ハンドブレンダーやフードプロセッサーの購入を考えている方や、料理の幅を広げてみたい方はぜひチェックしてみてください!

 

ブラウンハンドブレンダー「MQ778」の価格

私が購入したときは、15,000円ほどでした。

なぜかAmazonではMQ778で検索してもヒットせず、私はYahooのプレミアム会員になっていたこともあり、10%くらいポイント還元されるキャンペーンの日にYahoo!ショッピングで購入しました!

 

楽天でも購入できるので、値段も考慮しつつ自分がポイントを貯めているサイトで購入するのがおすすめ!

 

MQ778でできること

  1. まぜる/ブレンダー
  2. スライス/フードプロセッサー
  3. 泡立てる/泡立て器
  4. つぶす/ブレンダー
  5. きざむ/フードプロセッサー
  6. 千切り/フードプロセッサー
  7. こねる/フードプロセッサー
  8. 挽く/スパイスグラインダー

ブラウンのMQ778には、8種類の機能があります。

ブラウンのハンドブレンダーにはさまざまな種類がありますが、「MQ」はマルチクイックというシリーズ名を意味しています。

「778」の数字の部分でアタッチメントの種類が変わってくるので、自分がどんな機能が欲しいかを重視して選ぶのがおすすめ!

 

ブラウンハンドブレンダー
ブラウンハンドブレンダー
ブラウンハンドブレンダー

私は、「ハンドブレンダー・フードプロセッサー・パンこね・ミル」の4つの機能がすべて備わったブラウンのハンドブレンダーがほしかったのですが、全部兼ね備えているのがこの「MQ778」だけでした!

 

ブラウンハンドブレンダーの型番別の機能一覧もそのうちまとめられたらと思っています。

 

MQ778の気になった点

  1. コードが短い

MQ778だけでなく、多分ブラウンのほかのハンドブレンダーも同じだと思うのですが、コードが少し短く感じました。

うちのキッチンの構造上、キッチンの台の上ではコードが届かないので、小さなワゴンの上で使用するか、延長コードを使ってます。

 

でも気になった点は今のところ1点だけ。

使っていくうちに気になる部分があれば追記していきます。

 

MQ778で私が作った料理

  • ドレッシング
  • スムージー
  • 豆乳マヨネーズ
  • 玉ねぎ麹
  • ひきわり納豆
  • ピーナッツバター
  • すりごま
  • ねりごま
  • 白和え
  • 黒ごま担々麺
  • 大豆ディップ
  • ポタージュスープ

ドレッシング

ドレッシングは、ハンドブレンダーと付属のカップを使って簡単にできました!

ついてきたレシピを見たり調べたレシピを見てすぐに作れますよ!

 

だけど普通のドレッシングなら別にブレンダー使わなくてもさっとできるものだから、例えばにんじんや玉ねぎ、トマトなどを使って作るドレッシングをブレンダーを使って作るといいかも!

 

スムージー

スムージーはほんとに簡単にできます!

 

私は以前スムージー用に小さな小さなボトルブレンダーを買っていたのですが、パワーもそんなに強くなくスムージー意外の使いみちがあまりわからなかったので、そちらは手放して今はハンドブレンダーで作っています!

 

一人暮らしであまり料理をしない方やスムージーにしか使わない方には、ボトルブレンダーもおすすめです。

YUKO
もし、2〜3人分のスムージーを作りたい方ならミキサーの方がいいかもです。

 

豆乳マヨネーズ

豆乳マヨネーズは、プラントベースのマヨネーズを作りたくて作ってみました!

ハンドブレンダーを使ったらかなり簡単にできたので、私はもうマヨネーズを買わなくていいと感じましたよ!

 

レシピは以下です。

豆乳:50〜100ml

こめ油:100ml

酢:30ml

きび砂糖:小さじ1(お好みで)

 

酢はアップルビネガーをおすすめしてる方が多かったですが、私は穀物酢でやりました!

粒マスタードや味噌を隠し味で入れる方もいるみたいなので、いろいろ試しながら自分に合うものを作ってみます!

 

ちなみに、私は最初豆乳と油を同量で作ったのですが、さらさらすぎたのでもっともったりが好みの方は豆乳少なめで作りながら好みに合わせて足していくほうがいいと思います!

 

玉ねぎ麹

玉ねぎ麹はコンソメの代わりに使えるとても万能で健康的な調味料です。

玉ねぎをすりおろして作るのですが、フードプロセッサーを使うことですりおろし玉ねぎが一瞬でできました!

 

レシピはこちら。

玉ねぎ:300g

乾燥麹:100g

塩:35g

 

玉ねぎ麹
玉ねぎ麹

乾燥麹と塩を先に混ぜ合わせておき、そこにすりおろし玉ねぎを入れてさらに混ぜるだけです!

 

玉ねぎ麹

玉ねぎの粗さによって食感にも違いが出てくるみたいなので、好みに合わせて粗さを変えるのもよさそう!

 

ひきわり納豆

ひきわり納豆は作ってよかったレシピの一つ!

 

ひきわり納豆

ひきわり納豆は、大豆に火を入れる前の一晩水につけた状態で細かくするのですが、フードプロセッサーがあるとかなり便利!

 

見た目は市販のひきわり納豆と変わらず、味は本当においしかったので、手間はかかるけどおすすめ!

ひきわり納豆の作り方はまたブログにまとめますね!

 

ピーナッツバター

ピーナッツバター
ピーナッツバター

ピーナッツバターはミル付きのハンドブレンダーを買ったらやろうと思っていたレシピの一つ!

レシピといってもピーナッツをフライパンやオーブンで炒ってからスパイスグラインダーで挽くだけ!

 

最初は細かくきざまれるだけだけど、まわしていくとピーナッツ自体の油分からなめらかなペーストになります!

 

注意点としては、スパイスグラインダーを回せる連続時間は20秒なので、20秒を数回繰り返す必要があること。

ただパワーが強いので、3〜5回ほど回せばすぐにピーナッツバターができます!

 

ミルで作ると量が少ないですが、たくさんの量ならフードプロセッサーでもできると思います。

まだフードプロセッサーでは試してないけど、フードプロセッサーだと逆に少量では作れないと思うので、量に合わせて選んでみてください。

 

すりごま

すりごま

すりごまはいりごまをさらにフライパンで軽く炒ってからスパイスグラインダーで数秒粉砕するだけ!

ほんとに一瞬でできあがります!

面倒なら炒らずに作ることもできますよ。(炒ったほうが香りがよくなる気がする)

 

気をつけないと回しすぎるとすぐねりごまになります!

市販のすりごまを買うよりも香りがしっかりするのでおすすめです!

 

ねりごま

ねりごま

ねりごまはすりごまをさらに回すだけでできます!

 

本当に一瞬なので、高い市販のねりごまを買う必要なくいろんな料理ができますよ!

 

白和え

白和えは作ったことがなかったのですが、榎本美沙さんというYouTubeでレシピを発信している方が簡単にできる白和えをシェアされていたので作ってみました。

参考動画【豆腐の水切りなし!すぐできる作り置き】焼きれんこんのぱぱっと白和えのレシピ・作り方

 

すりごまを作って簡単にできたので、ミルがあってよかったなーと思いましたよ!

ぜひ作ってほしいレシピの一つ!

 

黒ごま担々麺

黒ごま担々麺

黒ごま担々麺は、ねりごまを使ったレシピ!

ねりごまがあるだけで濃厚な味になってお店みたいな担々麺が食べられるので、ブラウンハンドブレンダーを買ったらぜひ一度はやってみてください!

ほんとに簡単です!

 

レシピはいくつかのサイトを検索しながらヴィーガンにアレンジしました!

YUKO

肉味噌は豆腐で、鶏ガラスープは使わなくてもすごくおいしかったです!

 

 

大豆ディップ

フードプロセッサーに大豆を入れてディップを作り、米粉のピタパンにはさんで食べました!

 

レシピは以下の記事を参考に、ひよこ豆を大豆に変えて作ってみたら本当においしくて!

次はひよこ豆でもやってみます!

参考記事ひよこ豆のディップ フムス レシピ・作り方

 

ポタージュスープ

ポタージュスープ
ポタージュスープ

ポタージュスープは玉ねぎとじゃがいもを使って作りました!

 

ハンドブレンダーを鍋にそのまま入れることができるので、ミキサーに入れ替える手間もなくてかなり便利です!

かぼちゃ、ビーツ、きのこ類などでもスープを作りたいので、またいろいろ試してみます!

 

じゃがいもと玉ねぎ、豆乳さえあれば濃厚なスープができたのでこれは頻繁に作りたいレシピ!

 

MQ778でこれから作りたい料理

  • パン・ナン
  • 餃子の皮
  • オートミール粉砕
  • ビーツのポタージュ
  • かぼちゃのタルト

私がこのブレンダーにしたのは、パンこねができるのも一つの理由だったので、ナンやパンづくり、餃子の皮づくりにも使いたいと思ってます!

タルト生地やオートミールの粉砕もフードプロセッサーで簡単にできるみたい!

 

いろんな料理に挑戦したくなるのも買ってよかったポイントです!

 

ブラウンハンドブレンダーの種類

ブラウンハンドブレンダーには、型番によってアタッチメントの違いやパワーの違いがあります。

定番なのがマルチクイック7と9かなーと思います。

品番は「MQ7〇〇」、「MQ9〇〇」などとなっているので、ほしいアタッチメントやパワーに合わせて選ぶのがおすすめ!

 

機能が豊富な「MQ778」

私が購入した型番です。

スパイスグラインダーがついている種類は「MQ778」と「MQ738」だけで、「MQ778」の方がフードプロセッサーにたくさんの機能がついています。

 

パンこね機能もあるので、いろんな料理に挑戦したい方や、調理家電を増やせず多機能のタイプを探している方にはとてもおすすめ!

 

スパイスグラインダーがいらないなら「MQ735」

「MQ735」は、スパイスグラインダーがついておらず、フードプロセッサーのかわりにチョッパーがついています。

フードプロセッサーはサイズが1.5L、チョッパーはサイズが500mlです。

 

フードプロセッサーは千切りやスライスなどができるのに対し、チョッパーはきざむという本来のフードプロセッサーの機能のみになるので、使用用途に合わせて選ぶのがおすすめ!

 

スパイスグラインダーがないと安いし、スパイスグラインダーは別途購入もできるのであとから欲しくなったときに購入も可能です。

 

ハンドブレンダーだけほしいなら「MQ7005X」

「MQ7005X」は、ハンドブレンダーと泡立て器のみのセットになるので、価格が安くなります。

フードプロセッサーをすでに持っている方や、フードプロセッサーはいらないという方ならこちらがお得に買えますよ!

 

低価格で揃えるなら「MQ535」

「MQ535」は、消費電力が350Wとパワーが少し弱いタイプ。

安くてできるだけ機能が欲しい方ならこちらがいいかも。

だた、パワーが弱いと細かく粉砕できなかったり、その分長く回したりと弱点もあるかも。

 

私が選んだマルチクイック7は、400Wとなっています。

 

ハイパワーにこだわるなら「MQ9075X」

マルチクイック9シリーズの「MQ9075X」は、500Wのハイパワーでなんとアボカドの種まで粉砕できるんだとか!

スパイスグラインダーはありませんが、その他の機能は私が購入した「MQ778」と同じなので、ハイパワーにこだわりたい方はこちらがおすすめ!

 

ブラウンハンドブレンダーは便利すぎる!

私が購入してほんとによかったブラウンハンドブレンダー「MQ778」をご紹介しました!

ハンドブレンダーとしてはもちろん、フードプロセッサーやミルとしても使うことができて、一気に料理の幅が広がりました!

 

フードプロセッサーとミル、ハンドブレンダーを別々に買う必要がないので場所も取らず、だけどパワーもしっかりあってかなり使えるおすすめアイテムです!

いろんな方のレビューも参考にしましたが、安いブレンダーだとパワーが弱くなめらかなペーストにできないという声も見ました。

 

離乳食作りに使っている方も多いみたい。

いろんな料理に活躍してくれるので、ブレンダーが気になっている方はぜひブラウンのハンドブレンダーを検討してみてください!

おすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事