海外ノマド

私がサーフガールトラベラーという生き方を選んだ理由

投稿日:2018/1/23 更新日:

こんにちは、YUKO(@surfgirl38yuko)です。

私はサーフガールトラベラーとして、ブログを書いたりWebライターの仕事をしながら世界をまわっている海外ノマドです。

 

そもそも、「サーフガールトラベラー」は私が勝手に作った造語!

今は個人がSNSで発信し、そこから仕事につながるような時代です!

 

私は、自分がやりたい事を突き詰めれば何でも仕事として成立すると思っていて、だから私は肩書きを作りました。

「サーフガールトラベラー」

サーフィンをしながら世界中の海をまわって、サーフィンから帰ってくれば海の見えるカフェで仕事をして。

たまにダイビングやシュノーケリングをし、疲れたらのんびり本を読んですごす。

いろんな国でおいしい料理を食べながら、次に行ってみたい国のことを考えながら寝る。

 

それが私です。

そして私がなんでサーフガールトラベラーという生き方を選んだのか、その理由を書いてみました。

 

YUKO
私の好きなことが何かわかるよ!

↑誰か興味ある?笑

 

スポンサードリンク

私がサーフガールトラベラーという生き方を選んだ理由

  1. サーフィンをガッツリやりたかったから
  2. 寒いのが嫌いだから
  3. 海が好きすぎるから
  4. 日本に家を借りるメリットがわからなくなったから
  5. 海外には日本より物価が安い国がたくさんあるから
  6. 世界中の知らない場所をこの目で見たかったから
  7. 誰もやっていない事をやりたかったから

サーフィンをガッツリやりたかったから

ロンボク島サーフトリップ

私がサーフィンをはじめたのは32歳の時。

この記事を書いてる今、32歳です笑

 

32歳ってサーフィンを始めるには遅いと言われている年齢です。

 

でも、私の知り合いで36歳でサーフィンを始めた人がいて、その人が言っていた言葉が当たり前のようでなかなか実行に移せない言葉。

 

「この歳でサーフィンはじめてみんなと同じようにできるようになるには、人より海に入って練習するしかないでしょ!」

 

YUKO
ですよね!

 

まぁ、普通に会社員だったら無理な話ですよね。

週末サーファーなんて言葉があるように、たいていの社会人は多くても月に8回しかサーフィンできないし。

 

せっかくはじめたからにはうまくなってサーフィンを楽しみたいし、できるようになるために常に海に入れる環境に持っていこう!と思ったわけです。

 

 

さらにサーフィンをずっとやってる人も、「海外には日本と全然違ういい波がいっぱいで人が少ない場所もたくさんある!」って目をキラキラさせて言ってました。

 

寒いのが嫌いだから

私は寒いのがほんっとに苦手。

いつかはあったかい国で生活する!ってずっと考えてました。

 

冬

あっ、ほんとに寒いの嫌いです。笑

 

そして、寒いのが嫌だからもちろん冬の海なんていくらサーフィンが好きでも絶対入りたくない!!

 

YUKO
ってなったら冬の間サーフィン絶対無理やん!

 

①の理由とかぶる部分もあるけど1年中サーフィンやるなら寒いとこにはいられないんですよね、私。

 

海が好きすぎるから

海

私は海が本当に好きで、もう毎日入りたいぐらい!

無理ならプールでもいいから入りたい!

 

でも現実的に都会に住んでたらなかなか海に毎日入るのは無理でした。

入れてもそんなに綺麗じゃない海。

 

サーフィンなら波が良ければ綺麗さは妥協するけど、ダイビングやシュノーケリングなら絶対綺麗な海に入りたい!

 

なんなら海まで徒歩で行ける場所にいたい!

それぐらい海が好きなんです。

 

日本に家を借りるメリットがわからなくなったから

私はサーフガールトラベラーになる1年ほど前から毎月旅行に行ってました。

短くても4日、長い時は2週間、毎月旅行に行って家を空けるわけです。

 

それなのに払う家賃は毎月同じ金額。

 

旅行のたびにすぐダメになる食材は使い切って、部屋を綺麗に掃除して。

 

家といっても私にとっては「寝る場所と荷物置き場」。

 

家だけじゃなく、携帯やWi-fiなど年間契約が普通で途中解約すると解約金が発生したりする日本特有のシステムになかなか馴染めない自分がいました。

 

その点海外なら家は敷金礼金システムもなくその日から入居できるような家具家電付きが多かったり、ホテルなら掃除もしてくれるし、日本に家を借りるメリットがわからなくなったんです。

 

日本にいる時は、できるだけ家賃は抑えたかったし、大きい部屋は必要なかったので東京でシェアハウスに住んでました。

 

海外には日本より物価が安い国がたくさんあるから

実際生活していくには海の近くであること以外に物価も大切。

物価が安いってすごいですよ。

1か月ゲストハウスやコンドミニアムに泊まっても3万円いかない国なんてたくさん。

 

さらにサーフスクールだって日本なら1回5000円から1万円が相場。

でも物価の安い国なら1回2000円以下でスクールが受けられるんです。(私はまだまだ初心者だからスクールが必要!笑)

 

世界中の知らない場所をこの目で見たかったから

キューバ

旅行が好きな人って、絶景だったり文化だったり、日本と違う部分を知ったり、非日常を味わうことが好きな人って多いと思うんです。

私が毎月旅行に行くようになったのもそれが理由。

 

世界一周している人のインスタをフォローしたりして見たことのない景色を見るたびに「ここ行きたい!」ってときめいて。

 

行きたい場所が増えていって、また戻りたい場所も増えていって、毎月旅行に行ってても時間が足りなくなってきたんですよね。

それならずっと移動し続けていろんなところに行こう!って考えるようになりました。

 

誰もやっていない事をやりたかったから

私、「他人に認められたい、必要とされたい」と思う承認欲求が結構強いんですよね。

 

だから「人と違うこと」をアピールしたり、インスタに投稿していいねを待っていたり。

 

前までは承認欲求が強いことを認めるのもなんとなく恥ずかしかったんですけど、どう考えてもそうなんですよね。←

 

そして承認欲求が強い人は人と違うことをアピールしたがる人も多いみたい。

だから私は徹底的に自分のやりたい事を追求することにしました!

 

まとめ

私がサーフガールトラベラーという生き方を選んだ理由を書いてみました。

 

私が肩書きをつくったのも、サーフガールトラベラーになって世界をまわるようになったのも、全ては自分がやりたい事、やりたくない事を明確にして実際サーフガールトラベラーになるためにはどうすればいいか考えて行動してきたから!

自分の理想の生活スタイルを見つけるために、まずは自分のやりたい事、やりたくない事を紙に書き出してみるのもおすすめです!

 

-海外ノマド

Copyright© サーフガールトラベラー , 2018 All Rights Reserved.