こんにちは、YUKOです。

デリケートゾーンの臭いに悩んでいるけど誰にも相談できない人っていると思うんです。

 

 

気になっているけど、これが普通なのか、病気なのかわからないまま過ごしているという人は、まずこの記事を読んでちゃんとしたお手入れをはじめてみませんか?

 

私も過去に悩んでいたことがありましたが、しっかりとお手入れをすることで、今は気にならなくなりました!

 

 

もし、どうしても改善しない場合は病気などの可能性もあるため、早めに産婦人科を受診してくださいね!

 

 

 

ここでは、デリケートゾーンの臭いケアのためにやるべきことを5つご紹介しています。

デリケートゾーンのケアは、身体の外側からと内側から、両方から行うことがとても大切!

 

デリケートゾーンの臭いケアのためにやるべき5つのこと

  1. 《外側》デリケートゾーン専用ソープで洗う
  2. 《外側》ココナッツオイルで膣のマッサージをする
  3. 《外側》デリケートゾーンのヘアのお手入れをする
  4. 《内側》プロバイオティクスを摂取する
  5. 《内側》食物繊維・オリゴ糖を多く含む食材を摂取する

《外側》デリケートゾーン専用ソープで洗う

ジャムウ・ハードバブル

私は、デリケートゾーン専用のソープを使うようになって、とても快適に過ごせるようになりました!

 

私が使っているソープは、泡パックといって泡を3分間デリケートゾーンに置いてから流すことで、臭いや黒ずみを防いでくれます。

 

臭いが気になるという人は、まずデリケートゾーン専用のソープを試してみてください!

▼デリケートゾーン石鹸を見てみる▼
ジャムウ

 

《外側》ココナッツオイルで膣のマッサージをする

膣の中は弱酸性なのですが、ココナッツオイルには皮膚を弱酸性に維持する効果があるそうです。

 

さらに、抗酸化作用と保湿効果のあるビタミンEと、抗菌作用が高く免疫力をアップしてくれるラウリン酸が含まれています。

 

食べ物ですがお肌に使っている人も多いですよね。

 

膣のマッサージは膣の中にオイルを塗るので、最初は少量塗ってみてパッチテストをするほうがいいと思います!

 

マッサージの方法はいろいろなやり方があるので、「膣マッサージ やり方」で検索してみてください!

 

 

ただし、膣マッサージはよくないと言っている人もいます。

不安な人は医師に確認をしてみてください!

 

食べることでも膣カンジダにいいと言われてます。

 

 

ココナッツオイルは、オーガニックのココナッツを使ったものがおすすめで、コールドプレス・無精製・認証マークのあるものを基準に選ぶことをおすすめします!

 

《外側》デリケートゾーンのヘアのお手入れをする

デリケートゾーンのヘアをそのままにしている人は、ムレやすい状態です。

 

少し短くカットするだけでもいいですが、ブラジリアンワックスを使ったり、脱毛をして綺麗にするほうが、生理中でも臭いが気にならなくなります!

YUKO
私はVIOの脱毛をしました!

 

 

《内側》プロバイオティクスを摂取する

プロバイオティクスとは、体にいい働きをする生きた微生物のことで、乳酸菌やビフィズス菌などの菌をまとめてプロバイオティクス(善玉菌)といいます。

 

この、プロバイオティクスの食材をとることは、腸内環境を整えることにつながり、膣内環境を整えることにもつながっていきます。

 

プロバイオティクスの食材には、乳酸菌・ビフィズス菌・酵母菌・麹菌・納豆菌が含まれている以下のものを食べましょう。

いろいろな菌をとるほうがいいと言われています。

  • 納豆
  • チーズ
  • キムチ
  • 味噌
  • ぬか漬け
  • ヨーグルト

 

 

サプリで摂取することもできるので、プロバイオティクスの含まれた発酵食品が苦手な人やヴィーガンの人は、サプリでとるといいかも!

 

《内側》食物繊維・オリゴ糖を多く含む食材を摂取する

プロバイオティクスの食材は、善玉菌そのものを含んだ食材のことでした。

 

次に紹介するのは、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖についてです。

 

 

善玉菌のエサとなるものをプレバイオティクスといい、プロバイオティクスとプレバイオティクスを合わせてとることをシンバイオティクスといいいます。

YUKO
ややこしい。。

 

ややこしいですが、とにかくここに書いてある食材を意識して食べるようにするといいですよ!

食物繊維を含む食材
  • 野菜(ごぼう、にんじん、ブロッコリー、ほうれん草など)
  • 豆類
  • いも類(さつまいも、こんにゃく)
  • きのこ
  • フルーツ(ブルーベリー、干し柿、バナナなど)
オリゴ糖を含む食材
  • 野菜(玉ねぎ、ねぎ、にんにく、ごぼう、じゃがいも、アスパラガス)
  • バナナ
  • 豆類

栄養バランスのとれた食事って結構大変なんですよね。

私は、無理に食材だけで頑張ろうとするよりも、適度にサプリを取り入れてもいいと思っています!

 

甘い物を避けることも大切!

私は、普段フレキシタリアンといって、お肉や動物性のものをできるだけ食べない生活をしています。

こういう生活をするようになって、栄養に関して勉強するのが楽しくなりました!

 

そして、腸内環境と膣内環境が密接に繋がっていることを知りました!

 

 

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、腸内には1,000種1,000兆個以上の細菌が生息しています!

 

顕微鏡で覗くとお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ぶらしい。

 

腸内フローラは、膣内の環境にも大きく影響してくるから、普段から栄養バランスのとれた食事をすることはとっても大切なんです!

 

 

そして、甘い物(糖)は悪玉菌の大好物!

糖をたくさんとると悪玉菌が増えてしまうんです。。

 

 

オリゴ糖をとれといったり糖はとるなと言ったり、混乱してしまうかもしれないけど、オリゴ糖と甘い物(糖)は別物なんです。

 

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの10個ほどの単糖が結合した糖類で、ビフィズス菌(善玉菌)を増やしてくれます。

 

だけど砂糖(糖)は悪玉菌の餌となるのでとりすぎには注意しましょう!

 

心のケアも実は大切な要素!

デリケートゾーンの臭いケアとは全く関係なく感じるかもしれませんが、心のケアも実は大切!

 

生活習慣が乱れたり、ストレスを感じることでも悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れることもあります。

免疫力が低下してしまうと、膣の自浄作用が低下してしまうんです。

 

仕事をしていると、ストレスも感じやすくなってしまうけど、自分に合ったストレス解消方法を知って適切に対処することも本当に大切です!

 

心配なら早めに産婦人科を受診しましょう!

もし、普段からおりものの量が多かったり、おりものの臭いが気になるという人は、早めに産婦人科を受診することをおすすめします。

 

産婦人科に行けば原因もわかるし、おりものの量を減らすための処置もしてくれます。

 

不安が大きい人は、一度先生に相談してみてくださいね!

 

デリケートゾーンの臭いはケアをすることで改善することが多い!

下着

デリケートゾーンの臭いケアのためにやるべきことをご紹介してきました!

直接予防になりそうなケアはもちろん、栄養バランスを整えたり生活習慣を整えることもとても重要になってきます。

 

すべて一気に行うのは大変だと思うので、自分のできる範囲からお手入れをしてみてくださいね!

 

 

お肌のお手入れについても別の記事で書いてます!

おすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事