最近はSNSでも健康ブームが広がり、無添加や健康的な食事について投稿するアカウントも多くあります。

 

私は健康や環境のことを考えるようになって、無添加やオーガニックにこだわるようになりました。

でも、無添加やオーガニックにこだわっていると、食べれないもの、買えないものが結構多いなと感じることも多々あります。

 

そんなときに知ったのが「オルトレキシア」という摂食障害の一種。

 

無添加やオーガニックにこだわりすぎるあまり、逆に不健康になってしまう人もいるのです。

今回は、体によい食事にこだわりたい人や無添加やオーガニックに興味のある人には、ぜひ一度読んでほしい記事となっています。

 

10の質問表もあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

不健康だと感じる食品を避けることで不健康になる「オルトレキシア」

オルトレキシアとは、健康を気遣って無添加やオーガニックにこだわりすぎるあまり、自分が健康的だと思える食事以外に過剰な不安や恐怖心を抱く摂食障害の一種です。

1997年にアメリカ人の医師、スティーブン・ブラットマン博士が提唱しました。

 

オルトレキシアの症状例

  • グルテンフリーのために小麦はとらない!
  • 添加物は体に悪いからだめ!
  • 動物性のものは食べない!
  • どんなものが使われているかわからないから外食に誘われても断らなきゃ!
  • あんなに体に悪いものを食べてる写真をアップするなんて信じられない!
  • 旦那が外で何を食べるかわからないから毎日お弁当を作らなきゃ!
  • 子どもの健康によくないからファストフードはあげたくない!

オルトレキシアは、「自分にとって」不健康だと思う食事を徹底的に避けようとすることで起こるそうです。

 

自分が食べるものが気になりだし、子どもが食べるものも徹底的に制限し、友だちの食事の誘いを断り、日常生活にまで支障が出る人もいます。

 

 

あなたは大丈夫?オルトレキシアかを知るための10の質問

自分がオルトレキシアか知るために、YesかNoで答えられる10の質問に答える簡単なテストがあります。

この質問はいろいろな記事でさまざまな質問が載っていますが、どれも内容は似たようなものとなっています。

 

 

また、15の質問として載っているものもあったので、気になる方はこちらも参考にしてみてください。

参考記事Orthorexia nervosa: Validation of a diagnosis questionnaire

 

 

日本語で転載された記事にはさまざまな翻訳が載っているので、私が見かけた記事の英語も一緒に載せています。

 

  1. Do you spend more than 3 hours a day thinking about your diet?
  2. Do you plan your meals several days ahead?
  3. Is the nutritional value of your meal more important than the pleasure of eating it?
  4. Has the quality of your life decreased as the quality of your diet has increased?
  5. Have you become stricter with yourself lately?
  6. Does your self-esteem get a boost from eating healthily?
  7.  Have you given up foods you used to enjoy in order to eat the ‘right’ foods?
  8. Does your diet make it difficult for you to eat out, distancing you from family and friends?
  9. Do you feel guilty when you stray from your diet?
  10.  Do you feel at peace with yourself and in total control when you eat healthily?

出典:The Bratman test for Orthorexia

 

  1. 1日に3時間以上健康的な食べ物のことを考えていますか?
  2. 何日も先の食事の献立を考えることがありますか?
  3. 食べる楽しみよりも食事の栄養価が大切ですか?
  4. あなたの食事の質が上がったことで、逆にあなたの生活の質が低下しましたか?
  5. 前よりも自分自身に対して厳しくなっていませんか?
  6. 健康的な食事を摂ることによって、あなたの自尊心が高まりますか?
  7. 「正しい」食べ物を食べるためにこれまで楽しんでいた食べ物を諦めたことがありますか?
  8. 健康的な食生活のせいで外食にいくことが難しくなり、友人や家族と距離を取るようになりましたか?
  9. 健康的な食生活から道をそれてしまったとき罪悪感を感じますか?
  10. 健康的な食事を摂ることで、安心感を得られますか?

2〜3個Yesと答えた場合は軽度のオルトレキシア、4個以上の場合は食事に関してもっと制限を緩める必要がある、それ以上の場合は食に取りつかれている、執着していると考えられると言われています。

 

オルトレキシアにならないためにできること

  • 完璧を求めない
  • 友だちや家族と食事を楽しむ日を作る
  • 食以外の趣味を持つ
  • SNSから離れてみる

オルトレキシアは、自分では気づかないこともあるそうなので、自分で意識して心がけることは難しいかもしれませんが、オルトレキシアという摂食障害があることを知っているだけでもたまに意識して気をつけることができると感じました。

私自身ハマるととことんハマってしまうタイプなので、自分でもオルトレキシアになりやすそうだと調べながら思っています。

 

 

栄養や添加物を気にせずにおいしい食事を楽しむ日を作るとても大切です!

だけど楽しんだあとに罪悪感を感じる人もいるかもしれませんね。

 

「栄養価を気にせずにおいしい食事を楽しめた自分、えらい!」と言葉にして自分を褒めてみるのもいいかも。

 

また、オルトレキシアになるとSNSで投稿される健康に対するアイデアをすべて実践しなければと感じるようになったり、健康的ではない食事を食べている友だちの投稿を楽しく見ることができなくなります。

そんなときはSNSから離れることも大切。

 

食に縛られず楽しめるといいですね!

 

健康的な食事に振り回されずに楽しむ余裕も大切

オルトレキシアは、健康な食事をしたいという気持ちからくるものなので、全てが悪いわけではありません。

健康的な食事をすることで、痩せたりアレルギーが改善したり肌が綺麗になったりという効果を感じる人もいます。

 

ただ、それが嬉しくてどんどん完璧を求めてしまう人もいるようなので、たまに立ち止まって、食事を楽しむことも大切ですね!

 

楽しみながら健康的な食生活を送りましょう!

 

 

 

私は「ゆるくハッピーに」という気持ちを持って「フレキシタリアン」という生活をしています。

おすすめの記事
おすすめの記事