プロフィール・過去の私

みずから進んで休日出勤していたネイリスト時代

投稿日:2018/1/3 更新日:

高校生の時からずっとなりたかったネイリスト。
当時は浜崎あゆみが全盛期で、私はあゆが好きだったんです!

 

それであゆに憧れて、自分もネイルができる職業ってなんやろ?って考えた時に、アパレル、キャバ嬢、ネイリストしか思い浮かばなかったんですよね。笑

ネイル

 

 

そんな理由でネイリストになって、、、

 

私の地元、福岡でネイリストやってた時はお店がファッションビルに入ってたから、営業時間が終わったら決まった時間までに出ないといけなくて、営業後にレッスンなんてしたことなかったんです。

 

定時で働くOLのようなネイリスト生活してました。

 

でも、その後大阪に出てネイリストをやっていたころは、経験者としての途中入社だからめっちゃ頑張ってほしいって言われて。

技術も自信なかったから営業後にはレッスン、レッスン!!

 

当時大阪に友達なんて一人もいなかったからモデルも外に出て声かけて探して、休日もモデル連れてきてレッスンして。

 

気付いたらずーーーっと働いてました!!

 

ネイル

いまではもうできないこんなゴテゴテなネイルで。笑

 

そして技術に自信がついてきたら今度は後輩のレッスンを見て、指名のお客さんが自分の休みの日に来たいって希望があれば普通に休日出勤して。

 

みずから進んで休日出勤してるはずなのに、体力的にも精神的にも、ものすごく苦しかったです、この頃。笑

 

 

よく「手に職」があっていいよね!すごいよね!って言われてたけど、「手に職がある」って自分の技術を売りにして働くってこと。

 

ってことは、

 

「お給料をもらうためには、ここに一生座って仕事し続けなきゃダメなんじゃ...」って、あるときふと思ったんですよね。

↑こう考えてる時点でネイリスト失格!笑

 

こう考えるようになってからは自分が技術をもって働いていることに危機感というか、絶望感というか、そんな感覚をずっと持ちながら働いてました。

 

YUKO
それじゃ私、やりたいことができない!!

 

ってあるとき耐えられなくなってしまったんですよね。(この時には海外のいろんな国に行きたい願望もでてきてて、旅をしながら働けるスタイルを考えだしたころ。)

 

そして、ありがたいことに指名のお客さんがどんどん増えてくるようになって。

でもそれはずっと座り続ける状況がさらに増えるということで。

 

 

これ、辞めるなら2年後、3年後のもっとお客さんが増えてからじゃないかも。

辞めるのに一番いいタイミングは今だと思う!!

 

って思ってネイリストをやめました。

 

辞めた時はまさかサーフィンしながら世界をまわることなんて想像すらしてなかったですけどね!

-プロフィール・過去の私

Copyright© サーフガールトラベラー , 2018 All Rights Reserved.