こんにちは、YUKOです。

海外ノマドとして旅をしていると、体調を崩す時もあります。

 

私は、気温の変化にかなり敏感で、国を移動すると大抵風邪をひきます。

 

旅行している時はそうでもなかったんですけど、飛行機移動も意外と体力を使うからか、なぜか体調を崩します。

ジムに行かなくなったのもあるかも。。

 

もうこれはわかりきっているので、飛行機移動をする日は仕事をしない日にしていて、夜は早めに寝るようにしてます。

 

これまで1年間海外ノマドをしてきて、大きな病気はなかったけど、薬のお世話になったことは結構ありました。

ここでは、旅中に役に立った私の常備薬をご紹介します。

 

旅を続けると自分が何に弱いかが分かってくる

これまで、一時帰国もしながら1年近く海外ノマドを続けています。

ずっと旅をしていると、どんなタイミングでどういう症状に陥るか分かるようになってきました。

 

もちろん、原因不明の何かが起きることもあるかもしれないけど、私は運よく軽い症状で済んでます。

 

自分が何に弱いかがわかると、必然的に持っておくべき薬がわかります。

 

私の場合は、おなかと風邪。

 

私は屋台もよく行くし、タイでもローカル屋台のお水を飲みます。

でも、衛生面は強いみたいで、食中毒とか下痢系はほとんどありません。

 

私によく起こるのは、食べすぎと消化不良と頭痛。笑

 

自分が何に弱いかわからない場合は一通り持っておくほうが安心です。

 

 

私が愛用している常備薬

薬

持ち運びの常備薬は、瓶だとかさばるので、シートタイプを買ってます!

  1. 胃薬
  2. 風邪薬
  3. 頭痛薬
  4. 酔い止め
  5. アレルギー性鼻炎の薬
  6. 口内炎の薬
  7. 下痢止め

胃薬

私、普段1日2食なんですけど、気になるカフェに行った時はスイーツも食べるし、友達と旅行する時は友達に合わせるから1日3食食べます。

そうすると、消化が追いつかなかったり、食べすぎでしんどくなることも。

 

三光丸

そんな時に飲んでるのが「三光丸」!

これかなり私に合ってるので必ずもってます!

 

でも、この三光丸、調べてみると今でも訪問販売というか、家に行ったときに薬箱から減った分の支払いをして、補充するシステムみたい。

私はいつもおばさんにもらってるからネットで手に入れる方法はないのかも。

 

 

調べてみると、同じような薬に「陀羅尼助(だらにすけ)丸」というのがあるみたい。

created by Rinker
有限会社 銭谷小角堂
¥1,990 (2021/10/28 12:59:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

封筒に入ったものは、1袋に2,000粒とか3,000粒とか入ってるので、1回分(30粒)の個包装が持ち運びには便利そう!

私の三光丸も1回分ごとのパッケージです。

 

風邪薬

私はいつも鼻水からはじまる風邪なのでベンザブロックSプラスです。

 

Amazonで見ると瓶タイプの方が安く見えるけど、瓶タイプは1回3錠、シートタイプは1回2錠で金額的にはそんなに変わらないです。

 

頭痛薬

イブ

私は頭痛が頻繁に起こるので、頭痛薬は頻繁に飲んじゃいます。

 

いつも飲んでるのはイブA錠。

 

実はイブA錠のジェネリックがあるの知ってますか?

その名もアダムA錠!笑

ギャグかと思いましたが、ジェネリックに抵抗がない人はいいかも!

 

ジェネリック医薬品ってどんなおくすり?

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同等なおくすりです。厳しい試験に合格し、厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造・販売しています。

さらに、製品によっては、服用しやすいように大きさや味・香りなどを改良したジェネリック医薬品もあります。新薬に比べ開発費が少ないために、新薬より低価格なおくすりです。

参照:日本ジェネリック製薬協会

 

酔い止め

酔い止め

私は、ダイビングのボートで酔うこともあるし、船移動は結構不安なので、酔い止めは常に持ってます。

 

酔い止めの薬は、タイのこの黄色の薬がよく効くのでいつもこれです。

薬局で買えます!

チェンライの薬局で1シート10粒が10バーツ(約35円)でした。

YUKO
安すぎて逆に不安だけどかなり効きます!

 

日本で買うならトラベルミンが有名。

 

海好き、離島好きな人や車酔いする人は持っておくべき!

 

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の薬は、日本に帰国したとき用です。

 

私、猫好きだけど猫アレルギーなんです。

実家に猫と住んでたときはどうもなかったんですが、一人暮らしをはじめてから猫アレルギーになりました。

 

実家にもおばあちゃんちにも猫がいっぱいいるので、くしゃみがでないように帰国した時はいつも飲んでます。

 

写真の薬は病院で処方してもらったものですが、薬局でも買えます。

 

口内炎の薬

Bonjela

ボロボロになってるけど、口内炎の薬はbonjelaが一番!

今までケナログ一筋だったけど、bonjelaが一番効くって聞いてから使ったらほんとにいい!

 

残念なことに日本では販売されてないみたい。

ヨーロッパとかオーストラリア、タイ、マレーシア、カリブ海諸国で販売されてるみたいです。

 

私はマレーシアで買いました!

Bonjela 砂糖は、ゲル15gの成人の歯と口の潰瘍をスナップ
Bonjela

一応Amazonでは買えるみたい。

高いけど。

 

ちなみに、ケナログは現在販売中止になっているようで、ケナログのジェネリックがオルテクサーだそうです。

 

下痢止め

下痢止めは私はあまり使わないのだけど、旅人なら一応持っていたほうが安心かなーと思ってます。

 

海外では日本とは違う環境や食材なので、あたる人はあたります。

下痢はしんどいので、持っていたほうがいいですよね。

 

本当にやばいときは病院に行く!

私は、頭痛薬や胃薬は結構飲んじゃいます。

 

もし、薬を飲んでもなおらなかったり、何日も高熱がひかないとか、様子がおかしい時は病院に行ったほうがいいですよ!

私はまだ海外で病気で病院に行ったことはないですが、感染症などいろいろな危険もあるので、やばいと思ったら病院に行ってください!

 

海外旅行保険のついたクレジットカードなら年会費無料で持てるものもあるので、海外ノマドをするなら必ず作っておいたほうがいいです!

 

海外旅行保険の中には、キャッシュレス診療に対応している病院もあるので、事前に調べておきましょう!

 

※医療費の高い国へ行く場合は、別途保険加入の検討もおすすめします。

 

【おまけ】ピルは避妊以外にも役に立つ

ピル

私はピルを飲んでいます。

避妊以外にも、生理(厳密に言うと生理ではないけど)がくる日がピタリわかるので、海に入る時にかぶる時は調整してずらしたりしてます。

 

ピル

生理を早めるために飲まなかったピルは、次に生理をのばしたいときに使えるので、こうやってとってます。

 

 

ピルは、日本は高いけど、海外だと処方箋なしで買える国もあります。

産婦人科での検診は必ず行うようにしましょう!

 

薬とうまく付き合いながら旅しよう!

ラスコロラダス

薬はできるだけ飲みたくないという人もいますが、私はしんどいと思ったら結構すぐ飲んじゃいます。

 

海外ノマドをしていると、結構孤独なので、体調が悪いとさらに孤独を感じます。。

そして、仕事もしないといけないわけなので、しんどいときは薬に頼ってます。

 

風邪は特に、悪化する前に安静にして早めに治すことが大切!

 

これから海外ノマドをやりたい人は、ぜひ常備薬の準備の参考にしてみてください!

 

海外ノマドの荷物はすべて公開しています!

おすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事