ホテル情報

バンコクで引きこもりたいときにおすすめのホステル!「Fun Cafe and Hostel」

投稿日:2019/7/17 更新日:




こんにちは、YUKO(@surfgirl38yuko)です。

YUKO
バンコクにはよく引きこもりたいときに行きます。

 

物価が安くWi-Fi環境も整いやすく便利に生活ができるので、引きこもるときはバンコクをよく選びます。

私はバンコクに泊まるたびにいろいろなエリアに泊まってみるんですが、今回はフアランポーン駅の近くに宿泊しました!

 

このエリアは移動には不便ですが、私が宿泊していたホステル「Fun Cafe and Hostel(ファンカフェアンドホステル)」では、カフェが併設されていたので、ホテルから一歩もでずに引きこもって仕事をすることができます!

ほんとに不便なので1ヶ月とかの長期には向かないけど、雨季で天気が不安定なときとか、1週間本気で頑張りたいときとかにおすすめ!

 

バンコクで引きこもりノマドをしたい人はチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

Fun Cafe and Hostelの場所

フアランポーン駅の近くですが、バンコクの中心地であるスクンビットとかプロンポンあたりに行くには結構不便です!

 

Fun Cafe and Hostelの料金

私が宿泊したときは1泊700円でした!

すごく安かったのに評価が9.4だったのが決め手!

 

今回は5日間引きこもるつもりで場所を決めたので、カフェが併設されてたのも大きなポイント!

2,500円弱でツインの個室もあるみたい。

宿泊料金を確認する

 

スポンサードサーチ

Fun Cafe and Hostelのおすすめポイント

  1. 1階にカフェがある!
  2. Wi-Fiがサクサク!
  3. マーケットがある(週末だけかも)
  4. 共有スペースもある

1階にカフェがある!

Fun Cafe and Hostel Fun Cafe and Hostel

共有スペースの1階にカフェがあるので、ここで仕事ができます!

 

しかも不便な場所にあるからか、カフェのお客さんはほぼホステルの宿泊者なので、混むことはありません!

電源もあったし朝から夜までずっといました!

 

Fun Cafe and Hostel Fun Cafe and Hostel

写真が見にくいけど、ピザとかタイ料理とかいろいろあります!

 

 

Fun Cafe and Hostel

ピザは220バーツ(約770円)でした。

 

Fun Cafe and Hostel

そしてフィッシュ&チップスは180バーツ(約630円)!

 

味は普通です!

 

Fun Cafe and Hostel

11:00くらいまでは朝食メニューのみでした!

American Breakfast(アメリカンブレックファースト)は120バーツ(約420円)。

 

タイ料理は食べなかったけど、ガパオライスやパッタイもあって、60バーツ(約210円)くらいであるので安いです!

 

カフェは毎週日曜日が休みみたいなので、日曜日は外で食べる必要があります!

 

私はプラスチックをできるだけ使いたくないのでGrabFoodは使わないようにしてるけど、GrabFoodも使えると思うので、ここの食事に飽きたり、日曜日のカフェが休みの日はデリバリーを利用することもできます。

 

Wi-Fiがサクサク!

Fun Cafe and Hostel

バンコクだと速いとは言えない速度かもしれないけど、何の問題もなく仕事ができるレベルです!

カフェも2階にある共有スペースもサクサクです!

 

マーケットがある(週末だけかも)

Fun Cafe and Hostel Fun Cafe and Hostel

もしかしたら週末だけかもしれないけど、お昼の時間帯に目の前でマーケットがやってました!

私は日曜日に見ました!

 

タイでは定番の屋台メニューのムーピン(豚の串焼き)とか春巻きとかいろんなメニューがあったので、マーケットがやってれば軽いランチとかもできます!

 

Fun Cafe and Hostel Fun Cafe and Hostel

フルーツ類とか日用品も売ってました!

 

共有スペースもある

Fun Cafe and Hostel

写真はagodaより

2階には共有スペースもあって、カフェが休みの時とか、夜はここで作業してました!

 

写真を撮り忘れてしまったけど、テーブルが2つあって、電源の席もあります。

ご飯もここで食べられます!

 

Fun Cafe and Hostelの気になったポイント

  1. トイレ・シャワーが男女共用
  2. ウォーターサーバーがない
  3. 立地が不便

トイレ・シャワーが男女共用

トイレとシャワーが各フロアにあって、それが男女共用です。

気になる人はマイナスになるポイントです。

 

ウォーターサーバーがない

私は普段水筒を持ち歩いているので、できるだけウォーターサーバーを使いたいけどなかったのがマイナス!

飲み水用大きなボトルがあったけど、一口飲んだらおいしくなかったので、仕方なくペットボトルを買ってました。

 

1階のカフェで買えます!

 

立地が不便

すでに説明してますが、Fun Cafe and Hostelは立地がかなり不便です!

スクンビットやプロンポン周辺によく行く人にはあまりおすすめしない場所ですね。

 

ただ、私は何もないのであえてここにしました!

 

マッサージ屋さんは近くにあったみたいだけど300バーツ(約1,050円)とちょっと高め。

 

スポンサードサーチ

Fun Cafe and Hostelの詳細情報

Fun Cafe and Hostel Fun Cafe and Hostel

部屋は結構広めで10人くらいの部屋でした!

男女一緒の部屋です。

 

女性専用の部屋も6人部屋があるみたいです!

 

ロッカーも大きめだしすごく便利!

上の写真だと若干わかりずらいけど、カーテンは上の部分に隙間があります。

 

窓が部屋の奥のほうにしかないので朝も暗かったです。。

 

Fun Cafe and Hostel

一番上の階には洗濯機があります!

洗剤はレセプションで20バーツ(約70円)で買えます。

 

洗濯、乾燥がそれぞれ30バーツ(約105円)です。

 

 

Fun Cafe and Hostel

写真がブレてたけど、各フロアに小さなテーブルスペースもありました!

私は共有スペースに他の人がいてクーラーがついてるときはここにきて作業してました。

 

電源もあるので快適です!

 

Fun Cafe and Hostelの周辺情報

一応徒歩5分くらいの場所にセブンイレブンがあります。

チェックインの時に周辺の地図をくれて、レストランもあるみたいだったけど、私はどこも利用してません!

 

ホテル周辺はほぼ何もないような感じです。

 

バンコクで人気のコワーキングスペースTCDCが徒歩9分の場所にあるけど、カフェや共有スペースでも仕事できるので、わざわざ10分もかけて歩いて行く必要はないかなーと思います。

 

スポンサードサーチ

Fun Cafe and Hostelで引きこもりノマドをしよう!

バンコクで引きこもりノマドができるホステル「Fun Cafe and Hostel」をご紹介しました。

カフェが併設されているので、ホステルから一歩も出ずに引きこもりするのにぴったりなホステルです!

 

ただし、周辺にジムとかレストランとかが充実しているわけではないので、1ヶ月とか引きこもるのは辛い場所なので気を付けてくださいね!

 

私は4泊だったので、かなり引きこもって仕事してました!

 

カフェは日曜日が休みだけど、雨季の引きこもりにもぴったりだと思います!

興味ある人はぜひ引きこもりノマドしてみてください!

宿泊料金を確認する


 

※金額は2019年7月記事投稿時のレートで計算しています。
(1バーツ=3.50円)

 

バンコクにはほかにもおすすめホステルがあります!

 

バンコクはコワーキングスペースもあるので、海外ノマド初心者でも生活しやすい都市です!



-ホテル情報

Copyright© サーフガールトラベラー , 2019 All Rights Reserved.