こんにちは、YUKOです。

生理といえば女子特有の悩み!

 

 

寝る女性

ひどい人は歩くのも嫌になるほど憂鬱なのに、毎月くるから悩まされてる人も多いはず!

 

生理の中でも大きな問題となるのが、

  • 生理痛がひどい
  • 海や旅行に行く日に生理が重なる

この2つ!

 

実は私も、昔は会社を早退するほどひどい生理痛に悩まされていました!

 

 

でも、ピルを飲むようになって、生理痛がなくなり、さらに毎月いつ生理になるかもちゃんとわかるので、もうなくてはならない存在になりました!

 

同じような悩みを持っている人にはぜひ読んでほしい記事!

PMSもなくなるから本当に便利!

 

今回はピルのメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

 

そもそもピルってどういうものなの?

ピル

ピルは経口避妊薬と呼ばれるもので、アメリカで1960年代に開発されました。

 

簡単に説明すると、女性ホルモンをコントロールし、排卵が終わった状態だと脳に思わせることで排卵が起こらないので避妊ができる薬です。

 

 

通常は28日周期で、21日間毎日1錠を飲みます。

最後の1週は薬を休むのですが、この1週間の間に出血が起こります。

 

この出血は、排卵がない無排卵出血とよばれるものですが、わかりやすいようにこの記事では生理と呼んでます。

 

 

ピルは飲み忘れがないように最後の1週分は偽薬がついているものもあります。

 

2013年度の国連人口部の統計によると、ピルの服用率はフランス41%、ドイツ37%、イギリス28%だ。キャリアウーマンに限定すれば、もっと高い。ハンガリーの医学部で学ぶ吉田いづみさんは「周囲の女性はほぼ全員が服用しています。」という。
我が国の状況は対照的だ。ピルの服用率は、わずか1%。女医や看護師でも、多くは服用していない。

参照:http://www.huffingtonpost.jp/masahiro-kami/pill_japanese_b_12762476.html

でも、日本人のピルの服用率は1%!

これは日本でピルが承認されたのがアメリカより25年遅れてだったことも理由の一つみたい。

 

 

性教育の問題性もあると思うけどね。

もっとピルのことも学校の授業で教えるべきだと思うよ、私は!

 

避妊だけじゃない!ピルの3大メリット!

  1. 生理痛がなくなる!
  2. 海に行く日は生理をずらせる!
  3. 肌荒れが軽減する

生理痛がなくなる!

手を挙げる女性

生理痛は、子宮内膜の厚みが関係しているといわれていますが、ピルの作用で子宮内膜の厚みが減り、経血の量も少なくなるので、生理痛がひどい人に服用をすすめられることもあります。

 

さらにピルを飲むことで、ホルモンバランスが安定します。

 

 

自律神経が乱れる生理前症候群(PMS)も女性ホルモンの急激な変化が原因なので、ピルを飲むことで精神的にも安定しやすくなります。

 

YUKO
私もピルを飲みだしてから生理痛が全くなくなりました!

 

 

たまに生理前におなかがはるような感覚がある時もありますが、過去にあったようなおなかが痛すぎて動けなかったことは一度もありません!

 

海に行く日は生理をずらせる!

ダイビング

実はピルを飲んでいる人は、前後1週間ほど生理を早めたりずらしたりすることが可能!!

 

 

2017年

これが私の過去の生理予定。

今は手帳に印をつけることもなくなりましたが、海に入るタイミングを自分で決められるのはすごく便利!

 

しかも生理痛がないから、生理のある4日間くらいはがっつり仕事してます!

1回の生理が3、4日で終わるし、量もかなり少ないです。

 

 

マーベロン

これは6日早めたとき。

斜線を引いたところを飲まずに飛ばせばその分早く生理がきます。

 

このあまった6粒は次生理を遅らせたいときに使えます。

 

ピル

ちなみに、ピルにはいろいろ種類があって、色が3種類ある3相性ピルよりも1相性ピルのほうが余った分を使いまわせるので私は1相性ピルのマーベロンを飲んでます!

でも、ピルの種類であうあわないあるかもしれないからお医者さんと相談して決めてくださいね!

 

 

 

オンラインで医師の診察・ピルの処方ができて、最短翌日に届くシステムもありますよ!

▼オンラインでピルを処方する▼

 

肌荒れが軽減する

ピルはホルモンバランスを整えてくれるのは先程もお伝えしました。

 

実は、ホルモンバランスが整うと、皮脂の分泌を促すホルモンが抑えられることになり、ニキビにもいいと言われています。

 

私は化粧をあまりしなくなったせいなのか、ピルを飲んでいるからなのか曖昧ですが、肌荒れしにくくなりました!

 

ただし、お酒の飲みすぎや、甘いものの食べすぎなど、他の原因でニキビができている人には効果が薄いみたい。

 

ピルのデメリット

  1. 副作用が出ることがある
  2. お金がかかる

副作用が出ることがある

ピルは飲み始めたばかりの時に頭痛やめまいを感じやすいと言われています。

私はそういった副作用はありませんでした。

 

 

 

タバコを吸っている人は、血栓症のリスクも高まったりするので、医師にしっかり相談するべき!

YUKO
私がはじめてピルを飲みだした時はタバコを吸っていましたが、医師に一日何本吸っているか確認されました。

 

お金がかかる

もう一つデメリットと言えばお金がかかることですが、こればっかりは仕方がありません。

 

避妊を目的とするなら、望まない妊娠をしてしまうよりはるかにいいです。

 

 

日本で病院に行って購入する場合、診察代と別に1ヶ月分(1シート)3,000円もするんです!

 

オーストラリアに住んでいた時には、ピルの安さに驚きました!!

1年分でなんとたったの5,000円!

 

 

あまりの安さに、「もうすぐ日本に帰るから1年分処方してください!」と頼んだほど!

 

海好きならピルはとても便利なアイテム!

私は運よく副作用もなく今まで服用できていますが、本当にいいことばかりでもうピルのない生活は考えられません!

 

 

ちなみに、性病の予防にはコンドームが必須です!

 

よく旅をする人や、生理痛がひどい人にはとってもおすすめですが、自分の体のことなのでしっかり病院で医師に相談することが大切です!

 

 

 

海好きなら、環境面と海に入ることを考えたら月経カップもおすすめ!

おすすめの記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事